豪華な祭壇

骨を撒く

寺

最近では、墓を建てるのではなく、骨を散骨することを望む人Gが増えています。個人が好きだった場所や自然に返すことなど、いろいろな理由で、散骨を望んでいます。いろいろな価値観からいろいろな変化があります。

Read More

遺品を整理する

墓地

故人の遺品整理をする時には、專門業者に依頼をすることができます。そうすることで、効果的に整理することができ、大切なモノを残すことができます。專門業者は、ネットで、申し込み事が出来ます。

Read More

仏壇を置く

十字架

大切な家族を失った場合、残された方々は深い喪失感に包まれます。失われた人とはもう二度と会って話す事ができませんが、一方その人を身近に感じる事ができる「モノ」は存在しています。 大切な人が亡くなった場合、素敵なお仏壇を購入して亡き人の位牌を安置するようにしましょう。毎日仏壇に手を合わせる事によって、家族は大切な人の存在を身近に感じる事ができます。 仏壇は多くの家庭で必要になる大切なものですから、黒檀製の仏壇であれば、価格は数百万円するものも珍しくありません。 一方近年はマンション住まいのご家庭が増加しており、それに伴い室内に設置できる仏壇もコンパクト化している傾向があります。コンパクトは製品であれば、数万円から数十万ほどの価格で購入できるものも多いのです。 今後は生活に合わせて安い価格の商品を購入するご家庭が増えるでしょう。

家庭内の変化に合わせて新しい仏壇を購入する事になった場合、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。 仏壇は大きく分けられる種類がありますので、まずはその違い良く確認しましょう。金仏壇は故人を悼む上で湿っぽくならないほど華やかな商品ですし、唐木の仏壇は木目が美しい商品です。 ご自宅の雰囲気や故人の人柄に合わせて適切な物を購入しましょう。生前に、どのような種類の商品を購入して欲しいのか、訊いておくのも良いでしょう。 また何より大切なのは、ご家族の宗派に合わせた商品を購入する事です。ご家庭の宗派によってお店でお薦めされる製品も異なるものなのです。 仏壇の価格はピンキリですから、適正価格の商品を選んで購入する事も大切です。

写真ギャラリー

寺 墓地 お墓